奥祖谷二重かずら橋
    
紅葉が見事という「奥祖谷二重かずら橋」へ回りました。
再訪でしたがやはり渡るとなると足がすくみます。
遥か下はごろごろの岩と深い水の流れです。

蔓で組み揺れる橋は渡ることはできましたが
一歩一歩欄干を手放すことはできません。
それでも紅葉の中に見える景色は
かずら橋真ん中でも撮らざるをえません。


b0062950_1191260.jpg


「男橋」
b0062950_119434.jpg

b0062950_11105355.jpg


足は震えつつ「男橋」真ん中から撮った「女橋」
b0062950_11134162.jpg


野猿橋は箱に乗り自分で綱を引きながらわたるので
引く力がないと途中で止まってしまいます。(^○^)
b0062950_11154867.jpg

[PR]
by koba222 | 2012-11-04 11:16 | 秋模様 | Trackback | Comments(3) |Top↑
トラックバックURL : https://koba222.exblog.jp/tb/19429879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by komiti15 at 2012-11-04 14:16
登山家には魅力一杯の冒険でしょうね。(笑)
紅葉の綺麗なこの時期は一番人気も高いのではないでしょうか?
怖くても、安全なのでしょう?
落下事故なんて聞きませんから・・・
私もこんな冒険は楽しんでみたい方なのでしたが、楽しむ機会が
ありませんでした。
写真を見ながら想像の世界で楽しみました。
渓谷の風景は素晴らしいですね!
Commented by koba222 at 2012-11-04 20:42
komiti15さん、
御出身は香川でしたか。
こちらは福岡県民です。

かずら橋はかずらで編んでいますから
隙間だらけで怖いのです。しかも歩くたび揺れるのです。
下が見えるからいけません、トホホ!
出かけたときは何事も楽しむ事にしています。
Commented by ugg kids at 2013-10-03 03:58 x
thanks for share!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鳴門の渦 剣山~一の森へ >>


カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
暦・食材・世界遺産・ニュース
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のコメント
🎵流石に..
by junjun-88 at 21:12
竹炭を冷蔵庫に入れて置い..
by koneko3y at 20:57
rollingwestさ..
by koba222 at 11:50
冬寒・冬景!冬の花!強烈..
by rollingwest at 13:16
blue-robin2 ..
by koba222 at 16:25
こんにちは 連日の寒さ..
by blue-robin2 at 11:00
nonkonogoroさ..
by koba222 at 22:05
koneko3y さん..
by koba222 at 22:03
junjunさん そ..
by koba222 at 22:01
kawa1210 さん..
by koba222 at 21:59
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism