竹炭は有効なり
先日梅林観光と出かけたのですがあいにくここ1週間ほどの寒さで
いつもの開花日とはいかなかったらしく
つぼみが硬く行き先変更となりました。

竹林の多い町なので日本一?の「竹炭・竹酢」製造会社へ。
竹炭はおもに土地改良に使われるチップや粉を製造していました。

沢山の竹が山済みです。
b0062950_16521984.jpg


この機械に竹を通すと割られてチップに変更します。
b0062950_16525860.jpg

過熱を通り精製されて液体化する。
b0062950_16535101.jpg


匂い消し、お風呂用竹酢、石鹸、スキンケア、線香など沢山の製品が
製造されていました。
b0062950_17004040.jpg


竹酢と竹炭を買いました。
入浴剤としてと匂い消しによさそうです。

b0062950_17013742.jpg

[PR]
# by koba222 | 2018-02-22 17:02 | Trackback | Comments(6) |Top↑
冬たけなわ
これこそ冬と言う感じの日々が続きます。
2,3センチとはいえ続く積雪は珍しいことです。
毎週の「スロージョギング」も今朝の雪降りと言う気象に
ついに中止となりゆっくりできる水曜日の朝
コーヒーも美味しく感じます!(^^)!。

そんな中散歩道には雪の中でもけなげに咲く花が・・・。
水仙
b0062950_14332227.jpg


サザンカ
b0062950_14341140.jpg


ロウバイには光があたり雪は解けています。
b0062950_14405771.jpg

[PR]
# by koba222 | 2018-02-07 14:34 | Trackback | Comments(12) |Top↑
在自山
koneko3y さんのおたづねに答えて
検索で出た写真をお借りしてます。
「宮地嶽神社の光の道」
b0062950_10551639.jpg

b0062950_20104891.png

宮地嶽神社から見える「光の道」は
「嵐」のコマーシャルで有名になりました。
↓2枚目の写真の場面から10月2日、2月20日の
それぞれ1週間ばかりが撮影時だそうです。
しかし写真家がいっぱいでちょっと出かけて撮れるものではなさそうです。

バスハイクへ参加しました。
宮地嶽の裏山に当たるようで
神社の参道を通り抜けて登るのでした。
大きなしめ縄が記憶に残ります。
b0062950_16020440.jpg


ここより海岸沿いを眺めれば10月と2月に美しい夕日が
一直線上に見れる場所です。
b0062950_20443783.jpg

在自山(天蓋山)は神社の裏にそびえます。
b0062950_20485784.jpg

途中に「宮地山頂」
b0062950_20515808.jpg

b0062950_20511005.jpg


在自山古宮
b0062950_20544664.jpg

b0062950_20550762.jpg

在自山 山頂
b0062950_20552861.jpg


展望台から
b0062950_20570775.jpg

遥かに博多湾かな?
b0062950_20565031.jpg





[PR]
# by koba222 | 2018-01-25 21:00 | Trackback | Comments(8) |Top↑
さぎっちょ
1/13日は「さぎっちょ」と言う
お正月の飾り物などこのたき火で燃やす行事が
近くの小学校でありました。

数年前から近所の方に誘われて出かけていますが
元気な子供達の姿に笑顔になります。

消防団の方が用意された大竹で
やぐらを作ります。
b0062950_15202746.jpg


神主さんの祝詞が上がり着火されました。
b0062950_15205400.jpg


ぱちぱちと炎が上がります。
b0062950_15221649.jpg


子供たちは注意を受けながらとり囲み始めました。
b0062950_15230882.jpg


それぞれに竹の「わっか」をいただきこの火の中である程度燃やして持ち帰り
玄関先に厄除けとして1年間おいておくのです。

地方により少しづつやり方が違うものでしょうね。




[PR]
# by koba222 | 2018-01-19 15:26 | Trackback | Comments(8) |Top↑
初雪
1/11日と12日はちらちらと雪が降りました。
今季の冬では初めてのことに雪景色見たさに山歩きをしました。
弾んで出かけたものの足元はうっすらと 上からはちらちらで
まったく雪積になりそうな気配はありません。
1時間ほどで展望台につき見渡せば遠くに積雪した山々が見えていました。

たぶん隣の佐賀県の背振山や天山でしょう。
眺めているうちに信州の山を思い出しました。
数年前までは雪山へ出かけたものです。
スノーウシューを履き銀世界を満喫したものでした。
いい思い出が蘇りました。

ズームで引き寄せて雪かぶる背振山の姿

b0062950_19073162.jpg

もっと引いて
b0062950_19075197.jpg


天山かな?

b0062950_19083357.jpg


なんと帰り道の御手洗の池で今年初のカワセミを発見
嬉しい日となりました。
b0062950_19092183.jpg


b0062950_19112480.jpg

[PR]
# by koba222 | 2018-01-16 19:11 | 風景 | Trackback | Comments(8) |Top↑
癒しの温泉
今年は孫たちはお正月から部活など忙しいらしく
帰省しませんでした。
静かな静かなお正月でした。

松の内を過ぎたころバス、電車、バスと乗り継ぎ
2時間ほどの山のふもとらしい静かな温泉へ出かけました。

娘と二人、岩盤浴は繰り返し汗は滴り、
源泉野天風呂は5コほどの違う湯船につかり
時間を見れば丁度12時。

たぶんにおなかはスカスカ・・・。
本当はスタミナのつく食事が・・・・と思いつつも
現在かかわりのあるスロージョギングと食事管理の
ダイエット進行中なので湯豆腐セットの食事をしました。

でもこれが美味しくて満足の1日となりました。(*^_^*)
カロリーはほどほどに美味しくいただける食事は嬉しいものです。

山間の麓でした。
b0062950_15580715.jpg


源泉が湧きここに14年前にできたらしい。
古い民家を移築したような風情のある建物でした。
内部はすべて民家風に。
b0062950_15582200.jpg


玄関も風情があります。
b0062950_15583266.jpg




[PR]
# by koba222 | 2018-01-11 16:03 | Trackback | Comments(10) |Top↑
三社詣で
1月2日はまばゆいくらいの青空のもと
気分よく三社詣りができました。

高良大社ー大学稲荷ー愛宕神社
3時間ほどの徒歩行程でお参りができました。
車の方々は渋滞が続きどうなったのかな?
今年も元気に歩けそうです!(*^_^*)

高良大社

b0062950_15490584.jpg


大学稲荷
b0062950_15492825.jpg


愛宕神社
b0062950_15494040.jpg


古いお札は
b0062950_15500239.jpg


10月ザクラはしっとりと咲いていました。
b0062950_16011055.jpg


真っ赤なサザンカも咲いていました。
b0062950_15514170.jpg





[PR]
# by koba222 | 2018-01-05 15:56 | Trackback | Comments(13) |Top↑
新春
 
 「明けましておめでとうございます。」

今年も 皆様とともに 健康に過ごせますように!
宜しく お願い 申し上げます。


「 鶴 壽 千 歳 」

平成30年のお年賀用に彫ました篆刻印

b0062950_11263875.jpg


朱文
、文字を残して彫る
b0062950_11274714.jpg

白文
文字を彫る
b0062950_11523922.jpg



b0062950_11340056.jpg

[PR]
# by koba222 | 2018-01-01 11:28 | Trackback | Comments(12) |Top↑
年末
早いもので今年も残り少なくなりました。
1年何事もなく過ぎたことに感謝しなければなりません。
多くの皆様との交流も楽しく過ぎていきました。

世の中の沢山の喜びとともに悲しい出来事のなんと多い事か?
少しでも悲しみが減ることを願うばかりです。
北の国の恐ろしい現実が日本には身近に感じます。
将来ある子供たちが安全に過ごせる世となることができるか?
戦争だけは避けなければなりません。

来年は少しでもよきニュースが流れてほしいものです。
皆様よき新年をお迎えください。
1年間 ありがとうございました。

「つつがなく 過ぎゆく日々に 感謝して

    孫の未来に  明日あることを」    こば   


         
b0062950_17391554.jpg

[PR]
# by koba222 | 2017-12-25 17:39 | Trackback | Comments(6) |Top↑
漱石碑めぐりと青木繁
地域学級で漱石句碑巡りと青木繁を楽しみました。

夏目漱石は熊本在任中に久留米に5度来ていました。
それも菅虎雄(菅と漱石は現東大と熊大で同僚)を兄と慕う
漱石の行動でした。

来久により近くの山へ遊びその時10句ほどできていました。
またのちの小説「草枕」にその山越えの情景が描かれています。

「菜の花の  遥かに黄なり  筑後川」 漱石
b0062950_10332799.jpg


 「筑後路や 丸い山吹く 春の風」 漱石
b0062950_10363472.jpg


「松をもて 囲ひし谷の 桜かな」 漱石
b0062950_10411040.jpg


当日も耳納連山ははるかな風景でした。
b0062950_10471105.jpg



漱石句碑巡りの途中で
28歳で短い人生の幕を下ろした夭折の天才画家「青木繁」の
記念碑もあります。「海の幸」「わだつみのいろこの宮」は有名ですね。

なお、恋人 福田たねとの間に生まれ のちに音楽家となる 福田蘭堂も
世に知られています。
NHKラジオドラマ「笛吹童子」「紅孔雀]の作曲

b0062950_11071512.jpg


b0062950_11074275.jpg




[PR]
# by koba222 | 2017-12-21 10:37 | Trackback | Comments(10) |Top↑


カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
暦・食材・世界遺産・ニュース
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のコメント
小生も一時竹炭に凝ったこ..
by rollingwest at 16:49
こんにちは、竹炭は色々な..
by kawa1210 at 13:14
今年の冬は寒かったので ..
by nonkonogoro at 08:08
こんばんは♪ 竹炭を作..
by hokkaido-tairiku at 23:26
🎵流石に..
by junjun-88 at 21:12
竹炭を冷蔵庫に入れて置い..
by koneko3y at 20:57
rollingwestさ..
by koba222 at 11:50
冬寒・冬景!冬の花!強烈..
by rollingwest at 13:16
blue-robin2 ..
by koba222 at 16:25
こんにちは 連日の寒さ..
by blue-robin2 at 11:00
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism